【恥知らず】試合に勝つために小細工をする韓国【野球国際試合】

累計表示回数 1,679 views

9回表韓国の攻撃 韓国0-2台湾
韓国代表の選手が、ひじをつき出すようにしてボールに当った!
当然、主審はデッドボールを認めず、逆に韓国人選手に警告をした・・・

韓国の光州で開催中の第28回ユニバーシアード夏季大会で、台湾では10日に行われた台湾対韓国による準決勝で、韓国側に「打者が自分から球に当たりにいった」行為があったことで、韓国野球に対する批判が高まっている。

 この動画に一票! 
12345
Loading...



この韓国の小細工騒動は今回だけではなかった!
台湾の野球ファンは、今回の騒動で韓国が過去に何度も『小細工』を繰り返してきたことを思い出さずにいられないと激怒しているという

※韓国の小細工のまとめ一覧 (これっらは氷山の一角、この他にもあると思われます)

 1986年にオランダで開催されたIBAFワールドカップ。呂明賜選手がホームランを打ったはずだったが、なぜか韓国人3塁線審が異議を唱えたことでホームランが認められなくなり、台湾は1-0で敗北した。

 1989年に韓国で開催されたアジアカップでは、韓国代表が日本代表に敗れた後に得失点などによる順位の決定方式が変更され、中国・日本・韓国が「すべて優勝」となった。

 2001年のアジアカップでは、使用するバットが問題に。
韓国は木製バット使用を主張。台湾は金属バット使用を主張。日本は「相手チームと同じバットを使用」の方針で、試合に臨んでいた。
韓国は日本戦までは木製バットを使用していたのに、日本戦には 日本側に何も伝えずに金属バットを使用した。日本は木製バットを使用。
当然日本側は試合後、不満を表明した。

 2007年アジアカップ、韓国側は試合前に繰り返し、台湾代表と日本代表は圧縮バットを使用していると非難した。
しかし実際には韓国代表だけが圧縮バットを使用していたことが分かった。

 2014年に韓国の仁川で開催されたアジア大会では、台湾の「押さえの切り札」である羅嘉仁投手が試合直前に、ドーピング防止のための「尿検査」を要求された。そのため羅選手は投球練習が不十分に。
自由時報は「ドーピング検査は通常、試合後に実施する。実に不合理だった」と批判した。

【ニュースを聞いた人の感想】
・韓国人が嫌いになりました。
・本当にかわいそうな国です
・整形する人が多いというのもよく分ります。ウソをつくことが平気で出来る国です!嘘つき国家!!
・韓国はイスラム国以下の下等国家
・韓国製品は絶対買いません!
・本当に日本人で良かった・・・日本人であることを誇りに思う
・北朝鮮の方がマシなの???
・韓国人は即刻日本から出ていってほしい
・日本と対等の国と思ってほしくない

(※削除等でYouTubeに関連する動画がない場合は、タイトル通りの動画が表示されない場合があります)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント挿入欄

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

✰本日の人気動画1位~30位✰   ✰今月の人気動画  
 1位~50位  



✰アクセスランキング!✰ アクセスランキング アクセス3以上でランキングに参加! ※相互リンク募集中です! アクセスランキングで確認次第 こちらからもリンクさせていただきます (連絡不要)




PAGE TOP ↑