「先生どうか助けてください・・・」岩手中2いじめ自殺事件の真相

累計表示回数 1,169 views

岩手県矢巾(やはば)町の中学2年の男子生徒(13)がいじめを苦に列車に飛び込んで自殺・・・
まだ13歳のなぜ自殺しなければならなかったのか? いじめの真相とは?

中学1年から始めたバスケ部の部活内でいじめが始まり、中学2年になり、さらにエスカレート。
いじめていたのは、同じクラスの生徒だったらしい。

学級の女性担任は生活記録ノートを通じていじめを把握していた。
そしていじめている生徒を個別に呼び出し話をしていたものの、学校としての対策はなく、生徒からのSOSを家族にも伝えていなかったとのこと・・・

 この動画に一票! 
12345
Loading...Loading...


※生活記録ノート抜粋(自殺した生徒の切実ないじめの悩みが綴られていた)
2014年の12月8日
「いつもいつもあの人は人の悪口ばっかりで「しね」とか「ババ」とかふつうにいってますよ、なんかいも「死ね」っていわれるんですけど」

「実はボクさんざんいままで苦しんでたんスよ?
なぐられたり首しめられたりこちょがされたり悪口いわれたり!」

2015年6月28日

「ここだけの話ぜったいだれにも言わないでください
もう生きるのにつかれてきたような気がします
氏んでいいですか?(たぶんさいきんおきるかな)」

2015年6月29日(最後の生活記録ノート)

「ボクがいつ消えるかわかりません
ですが先生からたくさん希望をもらいました
感謝しています
もうすこしがんばってみます
もう市ぬ場所はきまってるんですけどねまあいいか」

(※削除等でYouTubeに関連する動画がない場合は、タイトル通りの動画が表示されない場合があります)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント挿入欄

✰本日の人気動画1位~30位✰   ✰今月の人気動画  
 1位~50位  



✰アクセスランキング!✰ アクセスランキング アクセス3以上でランキングに参加! ※相互リンク募集中です! アクセスランキングで確認次第 こちらからもリンクさせていただきます (連絡不要)




PAGE TOP ↑