「東大誕生日研究会」 極悪わいせつ事件

累計表示回数 1,636 views

「女子学生は頭悪い」
誕生日を研究すると見せかけて女をレイプ?!

東京大学のサークル「東大誕生日研究会」(東大生らが性交や乱痴気騒ぎをすることを目的に今年4月に設立した、いわゆる“ヤリサー”である)に属した5人の学生(藤田智之、生嶋一生、河本泰知、松本昂樹、他一人)が、
5月10日に池袋の大衆居酒屋で飲み会(罰ゲームとして被害者に焼酎を無理やり飲ませ、被害者の体を触る)を行った後、メンバーの自宅マンションに
21歳の女子大生を連れ込んだ。

彼らは彼女の服を強引に脱がせた。
そして、うずくまった被害者を蹴ったり、ドライヤーの熱風を浴びせたりしたという。
被害者が大声で泣いたため被告らは暴行などをやめ、逃げ出した被害者が警察に通報した。

捜査関係者によると

「彼は被害女性に殴る蹴るの暴行を加えた上、カップラーメンの汁を彼女の頭にかけたり、
とやりたい放題だったのです」

さらには、
最後には松見は女子大生の局部にドライヤーで熱風を浴びせかけ、
それに耐えかねた女子大生はTシャツとズボンを着て泣きながら部屋を飛び出した」

警察官が駆けつけた部屋には、彼女のブラジャーが残っていたという……。
取るものもとりあえず、いかに必死の思いで逃げ出したかがうかがえる。

***

「週刊新潮」5月26日発売号では、逮捕された“バカ東大生”の学歴一覧と共に、
その素顔を加害者家族らへの取材で明らかにする。
事件の1カ月前にも、彼らは同じマンションの部屋で女性の服を剥ぎ取り、
無理矢理シャワーを浴びさせようとしていたという。

まさにゲスの極み!

 この動画に一票! 
12345
読み込み中...


YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.



極悪な犯人に有罪判決!

2016年9月20日東京地裁(島田一裁判官)は、河本泰知(たいち)被告(22)に対し、懲役1年6カ月
執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)の有罪判決を言い渡した。

河本被告の起訴内容は、東大生の松見謙佑(けんすけ)被告(22)=同罪などで公判中=
ら4人と共謀して、5月11日未明に東京都豊島区の自宅マンションで女子大生の服を脱がせ、
キスをするなどしたというもの。

今月7日にあった被告人質問で、河本被告は
「他大学の女子学生たちは自分たちより頭が悪いと思うようになった。酒を飲ませて理性の
ハードルを下げさせ、わいせつなことがしたかった」と述べたという・・・

また、今回の事件では、当初松見容疑者以外の4人の名前が警察側から伏せられた形で伝わっていた。これには容疑者のひとりが前国家公安委員長・山谷えり子議員の親戚であるからだというウワサも出回っているとのこと。

(※削除等でYouTubeに関連する動画がない場合は、タイトル通りの動画が表示されない場合があります)
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント挿入欄

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


    2年B組のクラス会で勃起についての真剣討論


✰本日の人気動画1位~30位✰   ✰今月の人気動画  
 1位~50位  



✰アクセスランキング!✰ アクセスランキング アクセス3以上でランキングに参加! ※相互リンク募集中です! アクセスランキングで確認次第 こちらからもリンクさせていただきます (連絡不要)