【アメリカ】 29歳の末期がん患者が「安楽死する」と公表・・・

累計表示回数 6,583 views

末期の悪性脳腫瘍で余命6か月と診断されたアメリカの29歳の女性が来月1日(2014年11月)、医師か­ら処方された薬物によって自ら命を絶つと公表し、全米で注目されています・・・

女性は結婚して1年後、悪性の脳腫瘍であることが発覚しました。治療をすぐ開始したものの病状は悪化、3か月後には手の施しようがなく、余命6か月と診断されました。
その後、末期患者が自らの手で命を絶つ「安楽死」を選ぶことができるオレゴン州に移住を決意。
夫の誕生日を祝った後、安楽死することをyoutubeで公表しました。
彼女は「夫と普段使っている寝室で死ぬつもりです。母と夫が傍らで見守ってくれる中で・・・」と語っています。

 この動画に一票! 
12345
読み込み中...

ユーチューブ動画
(※削除等でYouTubeに関連する動画がない場合は、タイトル通りの動画が表示されない場合があります)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント挿入欄

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

✰本日の人気動画1位~30位✰   ✰今月の人気動画  
 1位~50位  



✰アクセスランキング!✰ アクセスランキング アクセス3以上でランキングに参加! ※相互リンク募集中です! アクセスランキングで確認次第 こちらからもリンクさせていただきます (連絡不要)




PAGE TOP ↑