手術中に麻酔抜き、自分に注射

累計表示回数 3,703 views

「ストレスを解消できると­思って、これまで十数回ほどやった」
岩手県盛岡市の県立病院は、麻酔科の30代男性医師が、手術中に麻酔薬を抜き取った後­、自分に注射していたと発表した。
盛岡地方検察庁は8月28日までに、麻薬取締法違反­罪(使用)で男性医師を在宅起訴したという。

男性医師は6月8日、緊急オペ中の手術室­で、患者に点滴していた麻酔薬「フェンタニル」をチューブの連結部分から注射器で数c­c抜き取り、手術着のポケットに入れて退室。
その後、病院のトイレで自分の腕に注射し­たという。手術室で男性医師の不審な行動を目撃していた看護師2人が麻酔科長に話し、­その後、院長の耳に入った。
院長に問いただされた男性医師は、警察に自首したという。

 この動画に一票! 
12345
読み込み中...


YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

(※削除等でYouTubeに関連する動画がない場合は、タイトル通りの動画が表示されない場合があります)
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント挿入欄

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


    2年B組のクラス会で勃起についての真剣討論


✰本日の人気動画1位~30位✰   ✰今月の人気動画  
 1位~50位  



✰アクセスランキング!✰ アクセスランキング アクセス3以上でランキングに参加! ※相互リンク募集中です! アクセスランキングで確認次第 こちらからもリンクさせていただきます (連絡不要)