八王子スーパーナンペイ事件(1995年)

累計表示回数 1,645 views

八王子スーパー強盗殺人事件(はちおうじスーパーごうとうさつじんじけん)は、1995年7月30日に東京都八王子市で、閉店後にスーパーマーケットの女性スタッフ3人が殺害された事件。
犯人はいまだわかっていない・・・


1995年7月30日土曜日。
東京都八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所で、3人の女性が死んでいるのが発見されるのは午後10時10分頃だった。
亡くなっていたのは同店のパート・稲垣則子さん(45歳)、私立桜美林高校2年生で夏休みのため同店でアルバイトしていた矢吹恵さん(17歳)、矢吹さんの中学時代からの友人である都立館高校2年・前田寛美さん(16歳)とわかった。前田さんも同店のアルバイトをしており、この日は非番だったが、矢吹さんを迎えに来ていたという。
第1発見者は稲垣さんの知人であるAさん。Aさんは同日、稲垣さんから「迎えに来て」と電話があり、9時25分頃にスーパーに来たが、いつまでたっても稲垣さんが出てこないため、知人の女性を誘って9時50分頃に再度訪れた。だが、稲垣さんの姿は相変わらず見えなかったので事務所に入ったという。

稲垣さんは部屋の隅の金庫にもたれ掛かった状態で2発の銃弾を撃たれ死んでおり、腹部に刺し傷もあった。女子高生の2人は部屋の中央で背中合わせにされ、粘着テープで手を縛られ、口を塞がれた状態で、1発ずつ至近距離から頭を撃ち抜かれていた。犯人は金庫にも1発放っており、計5発の銃弾を放たれていた。
この夜、スーパーの北西30mにある「北の原公園」では近くの人が主催した盆踊り大会が午後9時過ぎまで行なわれていて、太鼓の音などでこの銃声は掻き消されることになった。
近くを通りかかった人が午後9時過ぎ、銃声のような音を聞いている。しかし、辺りが賑やかだったためか、「花火かな」と思って通りすぎたという。しかし、この夜花火は近くで打ち上げられてはいなかった。

金庫には鍵がささったままとなっていたが、ダイヤルの二重ロックされていた。こじ開けようとした跡があったが、金・土・日の売上金500万円はそのままとなっていた。

「ナンペイ」はややこじんまりしたスーパーで、午後5時から店内にはレジ係の矢吹さんと稲垣さんしかいなかった。
現場となった2階事務所は店舗部分とは直接つながっておらず、外階段からしか入れない。事務所は普段から施錠されていないことが多く、以前にも泥棒が入ったことがあったという。

スーパーの営業時間は午前10時から午後9時までで、犯人は閉店直後に、3人が勤務を終えて帰り支度をしていたところを押し入ったと見られ、矢吹さんと前田さんを縛ったうえで、銃をつきつけて夜間金庫番だった稲垣さんから鍵を奪い、暗証番号を聞き出そうとしたが、稲垣さんはこれを知らなかったため断念、顔を見られたため殺害したものと見られる。http://yabusaka.moo.jp/nanpei.htm

 この動画に一票! 
12345
読み込み中...

(※削除等でYouTubeに関連する動画がない場合は、タイトル通りの動画が表示されない場合があります)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント挿入欄

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

✰本日の人気動画1位~30位✰   ✰今月の人気動画  
 1位~50位  



✰アクセスランキング!✰ アクセスランキング アクセス3以上でランキングに参加! ※相互リンク募集中です! アクセスランキングで確認次第 こちらからもリンクさせていただきます (連絡不要)




PAGE TOP ↑